緑濃い5月は日差しも気温も気持ちよく、外出したくなるころですが、その日差しに含まれる紫外線はシミだけでなく、しわやたるみを引き起こす原因にもなります。

肌老化の原因は単に加齢だけではありません。

その原因の8割は、紫外線にあります。

つまり、紫外線を浴びなければシミもシワもそしてたるみも起こりにくいということです。

服で守られている体の部分と、常に露出している顔や手の甲などを比べてみるとその差は一目瞭然です。

さらに恐ろしいことに、紫外線は遺伝子にもダメージを与え、皮膚がんの原因にもなってしまいます。

紫外線を上手にブロックして、健康的でイキイキとした肌を保ちましょう。

紫外線の中でシミやくすみの原因となるUV-Bは、4月から増え始めて6月から8月にかけての時期に最も多くなります。

しわやたるみを引き起こすUV-Aは、4月から量が多くなり、この時期はすでに紫外線の影響は「非常に強い」状態になっています。

しかし、それ以外の月でも紫外線の影響がないということではありません。

そのため、最近では日焼け対策は「一年中」行うのが常識となっています。

さらに近年の環境変化によって紫外線の量は昔と比べて年々増えていることがわかっています。

また、紫外線というと真夏のギラギラしたイメージがありますが、曇りの日でも晴れの日の60%~80%、雨の日でも紫外線は降り注いでいます。

さらにUV-Aは室内にいても窓ガラスを通り抜けて入り込んできます。

日陰にいても地面から反射した紫外線の影響もあるため、どんな機構でも場所でもしっかりとした紫外線対策が必要です。

最近では、なるべく直射日光にあたらないように日傘をさしたり、帽子をかぶる、手袋を使う、サングラスをかける日焼け止めを使うというのが一般的になっています。

日傘は肌との距離を30cm以内にするだけで紫外線を40%も遮断できると言われています。

紫外線は目から入ってきても肌にダメージを与えるため、サングラスもぜひ使用していただきたいアイテムです。

気を付けていただきたいのは、外出しないからと日焼け止めを塗らないで室内で過ごすことです。

チョとした近所へのお買い物や、庭掃除、ベランダでの洗濯物干しなど、たとえ短時間でも紫外線の影響は体内に蓄積され、シミなどとなっていつの日かあなたの顔や手に現れてきます。

日焼け止めは毎日のスキンケアの必須アイテムとして習慣にすることが、3年後、5年後の肌の違いとなってくるはずです。